ココカラウィメンズクリニックは、女性のための癒しと医療の総合施設です。

» こころやからだ、傷ついていませんか?

こころやからだ、傷ついていませんか?

  • 性暴力被害
  • DV
  • デートDV
  • 虐待

性暴力被害にあわれた方へ

「あなたは悪くありません」

  性暴力は、被害者の人権と尊厳を踏みにじる極めて悪質な犯罪です。
人間が持つ性的自己決定権を侵害されるもので、身体的な被害のみならず精神的にも深い傷を負います。

「人通りのない夜道を歩いていたから」
「露出の多い服装だったから」
「酔っていたから」
「男友達の家に誘われて行ってしまったから」

いかなる理由であれ同意のない性的行為は暴力です。あなたは悪くありません。

被害にあわれた方は自分を責め、恥ずかしさやショックから誰にも話せずに被害を自分の中に抱え込む人がほとんどです。
肉体的・精神的な傷は早い段階で専門分野の介入を受けることで、その後の回復を早めることがわかっています。
当院では性暴力被害者支援看護師(SANE)のトレーニングを受けた看護師が常駐しており、女性婦人科医師・警察・法律事務所・精神科・臨床心理士・犯罪被害者支援センターなどと連帯を取り被害者の意向を確認しながら状態・状況に応じて必要な支援をしていきます。
被害にあわれた、または以前被害にあったことがある方 あなたの秘密は守られます。
どうしたらよいのか?どこに相談したらよいのか?ささいなことでも構いません。一度お電話またはメールください。
連絡先 TEL:052-950-5077
E-mail:hosaka.k@coco-kara.net(担当 保坂)

当院診療時間外の相談先

(1)被害に遭った場所の管轄の警察署
(2)性暴力救援センター日赤なごや なごみ TEL:052-835-0753(24時間ホットライン体制)
(3)性犯罪被害者のためのワンストップ支援センター「ハートフルステーションあいち」
TEL:0570-064-810(愛知県内からのみ通話可能)
(月~土曜日 午前9時~午後8時 祝日・年末年始を除く 時間外は愛知県警本部へ電話が転送されます。)

ドメスティックバイオレンス(DV)

「あなたの家庭は安全ですか?」

dv
DVとは同居関係にある配偶者や内縁関係の間で起こる家庭内暴力のことです。
暴力には殴る・蹴るなどの身体的暴力だけでなく、無視する・外出を制限するなどの精神的暴力、生活費を渡さない・支出を細かく監視するなどの経済的暴力、性的行為を強要する・避妊に協力しない・中絶を強要するなどの性的暴力も含まれます。
配偶者からの暴力の被害者の多くは女性で 暴力行為は人権を著しく侵害する重大な問題で、絶対にあってはならないことです。

「人に話すのは恥ずかしい」
「自分さえ我慢すれば…」
「助けてくれる人は誰もいない」
「逃げたら殺されるかもしれない」
「子どもを置き去りにはできない」
「その後自活できないかもしれない」

暴力を受けているのはあなただけではありません。
あなたの意思は尊重され、秘密や安全は守られます。どんな些細なことでもかまいません。 まずは一度お電話またはメールください。
連絡先 TEL:052-950-5077
E-mail:hosaka.k@coco-kara.net(担当 保坂)

当院診療時間外の相談先

(1)最寄りの警察署
(2)配偶者暴力相談支援センター
・愛知県女性相談センター 女性相談員による相談 TEL:052-962-2527
(月~金曜日 午前9時~午後9時 土・日曜日 午前9時~午後4時 祝日・年末年始は休み)
・名古屋市配偶者暴力相談支援センター TEL:052-351-5388
(月~金曜日 午前10時~午後5時まで 祝日及び年末年始除く)

デートDVとは

「あなたのお子さんは大丈夫ですか?」

「あなたのお付き合いは大丈夫ですか?」

o0460027612763303539-1
交際中の男女間でおきるDVのことをデートDVといいます。
デートDVのほとんどは思春期や青年期に起こっています。

若い男女の恋愛の特徴として 恋愛をドラマチックに捉えやすい・物事にのめりこみやすい・メディアや友人からの偏った・間違った情報が多い・純粋で騙されやすく支配されやすい…などが挙げられます。
被害者の多くは女性で、交際相手からの暴力が傷害事件などにエスカレートする場合もあります。
暴力には怒鳴る・殴る・蹴るなどのほか、「大丈夫だから」と言って避妊しない・意見を無視、または全否定する・デート代を払わせる・貸したお金が帰ってこない・人の前でバカにしたり傷つく言葉をいう・居場所やメールや携帯のチェック・・・なども含まれます。

「ひどい時もあるけど、優しい時もある」
「いろいろチェックされるのは愛されているから」
これらは尊重を欠いた行動で、愛情には尊重が不可欠です。

本当の愛情には必ず相手を尊重するという要素が含まれています。
成長発達段階において、健全・不健全な関係がどういうものかを知り、尊重し合える関係を築き、自分を守ることを学ぶのはとても大切なことです。
あなたの意思は尊重され、秘密や安全は守られます。
彼との関係で疑問に思う事・困ったことなど、どんな些細な事でもかまいません。一度お電話またはメールください。
連絡先 TEL:052-950-5077
E-mail:hosaka.k@coco-kara.net(担当 保坂)

当院診療時間外の相談先

(1)最寄りの警察署
(2)イーブルなごや相談室 TEL:052-321-2760
(月・火・金・土・日曜日 午前10時~午後4時 水曜日 午前10時~午後1時 午後6時~午後8時 木・日・祝日・年末年始除く 木曜が祝日の場合は翌金曜も除く)
(3)愛知県女性相談センター TEL:052-962-2527
(月~金曜日 午前9時~午後9時 土・日曜日 午前9時~午後4時 祝日・年末年始は休み)

虐待を受けている(いた)あなたへ

「虐待を受けているあなたへ」

「虐待を受けていたあなたへ」

「子どもを傷つけてしまうあなたへ」

子ども虐待には4種類あります。
①身体的虐待—殴る・蹴る・やけどさせるなど、外から見てもわかる虐待です。
②性的虐待—性交や性的な行為を強要したりそそのかす、性器や性交を見せるなど。子どもが何かおかしいと思っていてもうまく言語化できず、家族が気づかないとなかなか顕在化しない虐待です。
③心理的虐待—大声や脅しなどで恐怖に陥れる、無視や拒否な態度を取る、著しくきょうだい間差別をする、自尊心を傷つける言葉を繰り返し使って傷つける、子どもがDVを目撃するなど、外からは見えにくく子どもの心を死なせてしまうような虐待です。
④ネグレクト(怠惰・拒否)—保護者が子どもを残して外出する、食事を与えない、衣服を着替えさせないなどの放置、学校に行かせない、病院にかからせないようにしたりするネグレクトは乳幼児や年齢の低い子どもに起こりやすく、安全や健康への配慮が著しく欠けたために子どもが死に至るケースもあります。内縁の夫が実子を虐待しているのを見て見ぬふりをしている母親はこのネグレクトに該当します。

dv

身近な存在、(多くは父や母、現に養育を行っている者)から虐待を受けた子どもたちにとって、この世の中は危険で信じられないものとなり、安心・安全の欠如から人格形成や他人とのかかわり方などに多大な影響を及ぼします。適切なケアを受けなければ傷が癒えることはなく、大人になっても日常生活においてさまざまな支障をきたします。

●いま現在、虐待を受けているあなたへ
自分が信頼できる大人(学校の先生やクリニックの医師、スタッフなど)や警察、児童相談所全国共通ダイヤル(189番)に相談しましょう。あなたの秘密や安全は守られます。クリニックではあなたの状態や状況に応じて居住地域管轄の児童相談所や子どもの虐待防止ネットワーク、臨床心理士や精神保健福祉士、精神科医と連携を取り、必要なケアやサポートを行っています。

●過去に虐待を受けていたあなたへ
社会生活において生きにくさを感じていませんか?
物事がうまくいかず、人と深い関係を結べなかったり、逆に見知らぬ人にべたべたしたり、生まれてこなければよかった、自分には価値がないと思ったり、自分を傷つけたり、無意味に嘘をついてしまったり・・・
今現在、虐待されている事実がなくても、あなたには「見えない傷」のケアが必要です。クリニックではあなたの状態や状況に応じて、各専門家によるケアを行っています。

●子どもを傷つけてしまうあなたへ
育児を助けてくれたり頼れる人が周りにおらず、休息もままならず、過度なストレスを抱えたまま1人で子育てを頑張っているお母さんの中には心身ともに疲弊し、ちょっとしたことで子どもを過剰に叱りつけたり、叩いたり、八つ当たりしたり、かわいく思えなかったり、手放したいと思ったり・・・そんな自分に自己嫌悪になっている方が多くみられます。
また自分が虐待を受けて育ってきた方たちの多くは子育ての仕方がわからずに愛情表現が暴力という形を取ることもあります。他には自分の子どもが身近な人に傷つけられているのにどうしたらよいのかわからず、何もできずにいるお母さんもいるでしょう。

育児に悩んでいるのはあなただけではありません。
あなたに必要なのは自分を責めることではなく、適切な支援を受けることと、休息、相談できる専門家です。自分ひとりで悩まずに、勇気をもってまわりの人に助けを求める行動を起こしましょう。クリニックではあなたに必要な支援が得られるように行政の子育て支援サービスなどへお繋ぎし、心身面が安定するようクリニックでケアやサポートを行っていきます。

!勇気をもって助けを求めてください!
連絡先TEL:052-950-5077 E-mail:hosaka.k@cocokara.net (担当 保坂)

当院診療時間外の相談先

(1)児童相談所全国共通ダイヤル189(いちはやく)番
189
(お住まいの地域を担当する児童相談所に電話がつながります。
一部のIP電話からはつながりません。通告・相談は匿名で行うことも可能です。その内容に関する秘密は守られます。)
(2)CAPNAホットライン 052-232-0624 月~土曜日10~16時(祝日をのぞく)
 
ページの先頭へ戻る