ココカラウィメンズクリニック

ココカラウィメンズクリニックは、女性のための癒しと医療の総合施設です。

» ピル処方外来・子宮内避妊器具(ミレーナ)

ピル・OC(低容量ホルモン剤)についての疑問質問に答えながら、 丁寧にピル処方をします。

ピル・OC(低容量ホルモン剤)処方

計画的な妊娠のために作られたお薬ですが、肌荒れの改善、生理痛の緩和、PMSの緩和などピルにはいろいろな副効果があります。 女性の人生設計、生活設計をサポートすることができる「ライフデザインドラッグ」です。

ピル・OC(低容量ホルモン剤)についての疑問質問に答えながら、丁寧にピル処方をします。 避妊を失敗したときの、緊急避妊ピルの処方もおこなっています。 また、旅行や受験にともなう月経移動の相談にも応じています。

緊急避妊ピル・モーニングアフターピル

避妊を失敗してしまった場合、72時間以内であれば緊急避妊ピルで妊娠の確率を減らすことができます。

受診のタイミングは?

緊急避妊ピルは、性交渉のあと72時間以内(3日以内)に服用しなければいけませんので、翌日あるいは翌々日の診療時間内にお電話にてご予約ください。内服のタイミングは早ければ早いほどベストです。

なぜ緊急避妊ができるのですか?

緊急避妊ピルは女性ホルモンの合剤です。

ホルモンを内服することにより、排卵を抑制したり、受精をさまたげたり、子宮への受精卵の着床を抑制するなどの働きにより、緊急避妊につながります。

どの程度の避妊効果があるのですか?

緊急避妊ピルの効果は100%ではありません。下記をご参照ください。

また、副作用として、嘔吐・頭痛などの副作用がおこることがあります。 望まない妊娠への不安を抱えないためには、普段より低用量ピル・OCをきちんと内服し、確実に避妊することをおすすめします。 コンドームだけでの避妊は不十分です。日本の性教育は遅れており、現在「避妊にはピルなどのホルモン剤使用。性感染症の予防にコンドームを使用する」という考えが世界標準となっています。

緊急避妊ピルの比較

服用方法性交後72時間以内に服用 (1回服用)性交後72時間以内に服用 (1回服用)
緊急避妊薬
薬剤名 ノルレボ錠0.75mg ポスティノールプラノバール配合錠
成分・含量 レボノルゲストレル0.75mg レボノルゲストレル0.75mg
(効果) 避妊阻止率* 85.0% 85.0%
(副作用) 悪心 嘔吐 頭痛 2.3% 0% 1.4% 2.3% 0% 1.4%
厚生省の認可 厚生労働省が承認 未承認
医薬品副作用救済制度 適応となる 適応とならない
PPTシート
値段 14,900円+初診料 10,000円+初診料
*妊娠しやすい時期に性交した場合の妊娠を阻止できる確率 ※金額は高いと思いますがなるべく早く、効果の高いものを内服することが重要です。 カードもご利用いただけます。 下記は上記の薬が販売される前の代用薬です。 効果も低く、副作用も多いため今はおすすめしていません。 現在はお金のご用意が難しいなど含め、医師が処方適応と判断した場合のみ処方しています。
ヤツペ法
薬剤名 プラノバール配合錠
成分・含量 エチニルエストラジオール・ノルゲストレル
服用方法 性交後72時間以内に2錠、その後12時間後に2錠服用(2回服用)
(効果) 避妊阻止率* 57.0%
(副作用) 悪心 嘔吐 頭痛 50.5% 18.8% 20.0%
厚生省の認可 未承認
医薬品副作用救済制度 適応とならない
PPTシート
値段 3,100円+初診料

月経移動

大事な試験、イベント、楽しい旅行が月経に重ならないよう、お薬で月経を早めたり、遅らせたりすることができます。当院での使用薬剤は上記の「プラノバール」です。副作用として、吐き気、嘔吐、むくみ、倦怠感、不正出血などあります。受診のベストなタイミングは生理中、生理の終わりがけの頃です。早めること、遅らせることの選択は、来院のタイミング、ずらしたい日時、ずらしたい期間によって希望に添えない場合があります。長期や頻回での月経移動は上記にあるピル・OC(低容量ホルモン剤)の処方をおすすめすることもあります。

*月経移動において100%の成功は保証はできませんのでご理解ください

ピル学生割引

高校生、大学生の方で学生証を提示できる方(30歳未満・社会人学生除く)は ファボワール28に限り、1シート¥2,500→¥2,000で処方します。 ※学生証提示が無い場合は通常価格です。

子宮内避妊具(ミレーナ)

★当院では原則:経膣分娩経験者の方のみミレーナ挿入をおこなっています★   通称“リング”と呼ばれるものの1つで、子宮内に入れるものです。ミレーナには黄体ホルモンが付加されていることが特徴で、高い避妊効果と1度挿入すると最長5年間という長期に渡る避妊効果が得られます。ピルと違い黄体ホルモンのみが付加されていることから、血栓症のリスクが上がりません。このため、血栓症のリスクが上がることでピルの服用に注意が必要、もしくは服用が難しくなるリスク因子(年齢~30代後半から特に40代~、体型、喫煙)のある方も、ミレーナはオススメできます。妊娠希望があれば、ミレーナを抜去することで挿入前の状態に戻りますので妊娠可能となります。   <おすすめの方>

経膣分娩の経験がある

今後の妊娠を希望していない

次の出産までに期間をあけたい

月経量が多く、貧血になってしまう

強い月経痛がある

ピルが適さない

★ミレーナ挿入前には、子宮や卵巣に病気がないかどうかを確認する必要がありますので、必要に応じて、子宮頸がん検診、エコー検査、性感染症などの検査を行います。子宮筋腫や内膜症がある場合にはミレーナを挿入できない場合があります。

  ミレーナは生理が始まった日を月経1日目として、7日以内に挿入します。 経血量が減ってくると思われる4~7日目をおすすめしています。 お産後は子宮の回復を待って挿入となります。お産後3~4ヶ月後を目安にお考えください。   ミレーナを挿入後、大体1~2ヶ月で1度ミレーナの位置の確認をします(エコー検査)。 その後、3ヶ月~半年で位置の確認をしていきます。落ち着いたら、1年に1度、子宮頸がん検診とともにミレーナの位置を確認しましょう。 (子宮内膜を薄くする作用により経血量を減らし、月経痛を軽くする効果があることから、2014年に『過多月経』と『月経困難症』の保険適応になりました。主治医によって左記の診断がつき、治療にミレーナ使用が適切と判断された場合のみ保険診療でのミレーナが使用されます。)   初診料 ¥2160 再診料 ¥1080 ミレーナ抜去(当院挿入のもの)¥5000 ミレーナ抜去(他院挿入のもの・抜去困難時)¥8000 ミレーナ挿入費用(経膣エコー含む)¥60000 挿入後の位置確認(経膣エコー含む)¥3240 処置前の薬剤(必要と判断された方のみ)¥500(1回分)  

各種料金

ピル初診(ピルについての相談・説明) ¥2,570
ピル再診 ¥500
1シート(トリキュラー28、マーベロン28、ファボワール28) ¥2,500(学生¥2,000)
緊急避妊ピル(モーニングアフターピル) ノルレボ¥14,900、ポスティノール¥10,000、ヤッペ¥3,100
月経移動の薬剤費用 ¥2,570
ピル処方時・再診時の採血検査 基本 ¥3,100 ハイリスクの方 ¥5,150
※安全にピルを内服いただくために当院でピル処方をされている方には初回、以後6ヶ月ごとに採血検査(¥3100)をお願いしています。 職場や学校での血液検査結果あれば、不要になることもあります。医師にご相談ください。 また、1年に1度の子宮がん、乳がん検診などもおすすめして受診いただいています。
トリキュラー28 →販売製薬会社HPへ
マーベロン28 →販売製薬会社HPへ
ファボワール28 →販売製薬会社HPへ    
ページの先頭へ戻る