ココカラウィメンズクリニック

月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)ってどんな病気?

月経前症候群(PMS)は女性の80%以上にみられるというデータもあり、決して珍しい病気ではありません。月経(生理)が始まる14日前~数日前の間にこころやからだに不快な症状がみられ、月経がはじまると同時に症状は無くなっていきます。
月経に伴うホルモンバランスの変化が1つの原因と考えられていますが、ストレスとの強い関連も指摘されています。

月経前症候群(PMS)ってどんな病気?

月経前症候群(PMS)の症状

月経前症候群はこころ、身体の両面に症状がみられます。

こころにあらわれる主な症状

  • 感情の浮き沈みが激しくなる
  • ゆううつな気分や不安が強くなる
  • イライラが強くなる
  • 死にたい気持ちになる
  • 食欲不振、過食になる
  • 不眠などの睡眠障害
こころにあらわれる主な症状

身体にあらわれる主な症状

  • だるさ、疲労感
  • 眠気やめまい
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 腰痛
  • お腹や乳房の張り
身体に現れる症状

月経前症候群(PMS)の治療について

月経前症候群の治療では低容量ホルモン剤・ピルなどホルモンバランスを調整する薬の処方を主に行います。

痛みなどの症状が強い場合や、不安感やゆううつな気分が強い場合には、併設のハートクリニック医師と連携し、それらの症状を和らげる薬をお出しします。
また、症状や患者様のご希望に応じて漢方薬を併用します。

ストレスなど心理的な問題が背景に強い場合、カウンセリングを併用して行うこともあります。
当院では鍼灸やアロマセラピーなど代替療法を用いたケアの併用も提案しています。

今すぐご予約ください

予約専用ダイヤル052-959-3553

予約以外のお問い合わせ052-950-5077

※ご予約・お問い合わせともに受付時間はクリニックの診療時間に準じます
※初診・再初診・健診のご予約はお電話にてお願いします

pagetop